2020年6月15日月曜日

早くも残り1か月切り!

先週で分散当校もひとまず終了。今週からは部活動も始まって、ようやく形式的には“平時”になったわけです。

ただ、東京ではまた感染者が増えてきていますし、ホント予断を許さない状況に変わりありません。

もうよほどのことがない限り、先日までのような休校にはならない(しない)と個人的には予想していますが、どうなるかわかりません。

そんな状況だからこそ、早くも1か月を切った例の試練に向けて、ただひたすらに粛々と準備を進める必要があります。

そう、「1学期期末テスト」です。

https://www.cjuku.com/2020-1gakkikimatsu/

ここ数か月のウチの子たちを見ていても、間違いなく二極化は進んでいます。

勝ち組の側にまわるのか、それとも・・・。



ちなみに、なぜか塾にも「アベノマスク」が・・・(笑)


何枚あっても困るもんじゃないけど・・・いや、これ以上は言うまい・・・。

https://www.cjuku.com/

2020年6月1日月曜日

やっとこの日が来ました!

今日からついにようやく学校再開。

特に新1年生にとっては明日が入学式ということで、再開というよりも“やっとスタートが切れる”という方が、感情としてはしっくり来るのでしょうね。

とは言え、最寄の領中でも6月前半は分散当校&部活も無ということですし、北九州での件を持ち出すまでもなく諸々懸念すべきことも多く、まだまだ平時には程遠い学校生活になりそうです。


そんな中で、改めて気合を入れて学業にいそしむ上での一つのターゲットが明確になっているのは、せめてもの救いかもしれません。

7/13&14に実施される定期テストです。

・例年になく一発のテストで1学期の評定が決まってしまう
・休校による遅れ挽回を意図して学校のペースが上がる=テスト範囲が広くなる
・そうでなくとも3か月のブランクの影響必至
等々、懸念すべき事項は盛りだくさんですが、やるべきことをやっている子にとっては、他者との“差”という点ではむしろチャンスにもなり得ます。

そういったプラスの恩恵にあずかれる子を続々輩出できるよう、塾としても気合の入る6/1です。

https://www.cjuku.com/