2022年2月21日月曜日

いよいよ2月も(実質的に)最終週を迎えて

いよいよ今週末に迫る公立高校入試も確定倍率が発表されましたし、同日には1・2年生も学年末テスト。

なんでもオミクロンの影響も考慮して、近隣の中3は通常よりも早めに下校するようにしているらしく、勝負の時を見据えてどこも臨戦態勢です。

一方で、こだ塾でも先週から新中1の面談がスタートしていますし、来週には新中3の面談も順次スタート。

ホント、大一番が来たと思えばホッとする間もなく次の新年度が始まるという・・・なんとも気の休まらない仕事だ(汗)と思うと同時に、何ともやりがいの溢れる仕事をさせて頂いていると感謝感謝です(笑)

もはや毎年毎月毎週毎日どこかで言っているのデジャブ感さえないですが、こういう1年のサイクルの早さを実感する立場だからこそ、改めて口を酸っぱくして言います!

1・2年生の皆も、もうとっくに受験は始まってるよーーー!

(もちろん内申のことを含んでいます)

2022年2月14日月曜日

公立入試までカウントダウン!

 今日14日からはいよいよ出願も始まり、24日に実施予定の本試までいよいよあと10日、文字通り最後のカウントダウンが始まりました。

もうこの時期になると四の五の言ってもしょうがないですし、何か奇をてらったことをするよりも、地に足をつけてやってきたことを粛々と継続することが一番ですが、そうと頭で分かってはいても、どこか落ち着かないのも事実。

幸いにして先週末に行われた都内私立の結果に関しては続々と吉報が届いており、大学受験組も含め、ここまでの流れは上々。

この流れに乗って、ここからはこだ塾的にも不休の体制で駆け抜けるのみです!!!

2022年2月7日月曜日

志望校突破まで、講師陣もラストスパート!

 今日時点で公立入試17日前。1・2年生にとっての学年末テストまでという単位でも同じですし、すでに佳境を迎えている大学入試に至っては、日々“あと1日”状態が続いています。

こういった時期になってくると、一人ひとりの志望校への熱量もそうですし、それをサポートしてきた講師陣の熱量勝負という側面も出てきます。

当塾では、適宜様々な研修を催したり、授業ごとにコミュニケーションをとって指導方針の微修正を重ねていますが、基本的には塾長からのトップダウンであれこれ指示を出し続けるのではなく、一人ひとりが自分の頭で考え、自主的に動く組織づくりを大事にしてきた歴史があります。

もちろん、大げさでなく人の人生がかかっていることの責任の重さもありますし、にも関わらず唯一絶対的な解など存在しない難しいものだからこそ、講師陣の意見に対して様々にアドバイスすることもあります。

しかし、塾長がいちいち指示出しを重ねるよりも、一人ひとりの講師が大切な担当生徒を想い、そしてどうすれば志望校合格を果たせるのかを考え、動く組織の方が、本当に大事な局面を迎えた時の火事場の馬鹿力の出力もきっと高いものになると考えているからです。

ホンネ、この時期はもう毎日胃が痛いです(苦笑)。でも、それを乗り越えた先に待ち受けている喜びの大きさを知ればこそ、それを生徒たちにも味あわせてあげたい。

あともう少し。今日も講師陣の懸命の頑張りがこだ塾に熱気の渦を作り出しています。