2021年2月26日金曜日

塾的年度末にあれこれ雑感

今日はいよいよ公立高校入試でした。

「あの子はちゃんと諦めずに解き切れたかな?」「アイツはちゃんと起きれたのかな?」等々(笑)、個々に悔いなく力を発揮できたことを願いつつ、あとは結果を待つばかりです。

受験生でなくとも、今日で学年末テストが終了というところも多いですし、塾的にはまさに大晦日前夜、明日で一区切りという時期です。


それは同時に、寂しい別れや新たな出会いの多い時期でもあります。

まさに昨日には、3年前に卒業した某OBが大学受験の結果を報告に来てくれました。聞けば、普通の感覚なら万歳して喜ぶべき某上位大学に合格できたにも関わらず、憧れの某トップ大を目指して浪人を決意したとのこと。そして同時に「1年後合格できたら、こだ塾で働きたいんです!」の一言も。

当時を知る側からすれば「成長したなぁ」という想いで本当に嬉しかったですし、1年後に向けての楽しみが一つ増えた瞬間でした。

他にも、ここにきて新たなご入塾のお問い合わせも増えてきました。


卒業していっても心は繋がっていますし、新たな出会いの数だけむしろ輪が大きくなっていく。

そんな前向きな気持ちで、明るく楽しく、この塾的年度末&新年度を過ごしていきたいですね。



2021年1月28日木曜日

あと4週間!

今日は1月28日の木曜日。

ということは、受験戦線のラストを飾る公立高校入試まで、残された勉強期間はちょうど4週間ということになります。

この時期になると私立入試の結果はほぼ出ていて、無事に、いや見事に、半数がスライドで上位コースに合格したのをはじめ、全員が上々の結果を出してくれていますが、最後の最後まで、これからが大詰め。

まだまだ個人的には胃の痛い時期が続きます(苦笑)


さて、勝負の4週間というのは受験生ばかりではありません。同時期に実施される学年末テストは、1年生や2年生にとっても、その結果次第で学年評定の決まる大事なテストです。

テスト範囲が発表されてから、あるいはテスト期間に突入してから、アタフタと提出物に追われる時間を過ごすようなことにはならないよう、計画的に“勉強”を進めていけるよう、しっかりサポートしていきたいところです。


さて、まだ塾通いをしていない、もしくはちょうど検討を始めたところという方々には、取ってつけたようなこんな企画もご用意しています(笑)

こだわりの個別指導について、「気にはなっていたけどなんだかんだで後回しになっている」という方は、この機会に是非、体感してください!!




2021年1月4日月曜日

あけましておめでとうございます!

2021年も明けて、こだ塾も本日より授業開始です。

相変わらずコロナの影響も大きく、毎年の恒例行事になっていた受験生総出での湯島参拝も今年は見送り、塾長一人でひっそりと参拝してまいりました。(もちろん皆の想いはしっかり背負って届けてきましたよ!)

加えて今週中に2度目の緊急事態宣言も発令されそうな情勢で・・・特に受験生は大げさでなく人生がかかっている側面もありますし、塾としては一つ一つ、慎重な判断や対応が要求される1年が続きそうです。


それでも、授業や自習にやってくる皆の顔を見ていると、ほんの1週間ほどしか経っていないはずなのに、妙に新鮮な気持ちで接することができます。

この気持ちを忘れずに、今年も目いっぱい走り抜けていこうと心新たに誓うのでした。


2020年12月14日月曜日

心新たに

 いよいよ今月も残り半分。いろいろあり過ぎた2020年も、残すところわずかです。


ところで、全く個人的な件ですが、昨日13日は塾を立ち上げるべく上京した記念日。昨日で関東人生活も9周年。今日からいよいよ10年目突入です(こんなに経つのにいまだ直る気配さえ感じない関西弁って・・・)


これだけ長くやっていると、だんだんと惰性で物事を進めるようになりがちなところですが、おかげ様で日進月歩の成長を見せる生徒たちから刺激を受けたり、日々惜しまず協力してくれる仲間たちにも恵まれ、良い意味での緊張感を持って過ごせている次第です。


来年の今頃は、今以上にますます最高に充実した10周年を迎えられるよう、日々心新たに妥協なくチャレンジを続けたいものです。


ちなみに、進学に向けて心新たに!という小6生!!

あるいは、期末テストの結果を受けて心新たに!という中学生!!

まだ冬期講習の受付もしていますので、まずは体験授業から!!!



2020年11月17日火曜日

来春からの新指導要領改訂がヤバすぎて、通塾のこと、マジメに考えた方が良いと思います。

 中間テストまであと1か月!・・・と投稿してから時が流れるのは早いもので、期末テストに向けたカウントダウンが始まっております(汗)

正直、良い話ばかりというわけにはいかないまでも、自己ベストを更新!という生徒さんも続出していますし、コロナ禍で二極化の明らかな今年にあって、こだわり軍団はなかなかの健闘ぶりを見せてくれています。


さて、特にこの時期にもなれば、受験生の各種テスト結果に一喜一憂するのはもちろんですが、さらに次年度以降も見据えた長期的視点で取り組むことも忘れてはいけない大事なポイントです。

来年度は中学校でも新指導要領の適用=新テキストでの授業が始まります。

実はこの中身が、もう波乱の匂いしかしないという途方もないものになっており・・・。

まぁその具体的な内容についてはまたの機会にしつつも(話さんのかい!というツッコミはさらりと受け流し(笑))、受験生だとか、来年受験生になる現2年生に限らず、1年生、あるいは現在小6=来年から中学生という方々も、ホント課題が明らかになる前に何かしらの手は打っておいた方が良いです。これ、心からの本音です。


当塾はおかげさまで現在2年生の方々は満員御礼、ご入塾受付を終了させて頂くことになりましたが、まだ1年生や小学生の枠には余裕もありますし、別に当塾でなくともOKです。

”学びの機会”というものを一定頻度で確保することの重要性は、おそらく来春になって自覚してからではインパクトが大きすぎるぐらいのものになりそうです。

お子様の未来を思えばこそ、とにかく、とにかく、お早めに・・・。これ、心からの本音です。